FC2ブログ
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2012/05/12 (Sat) 節電こそが最大のエネルギー対策なのよね

原発のコストがやっぱり一番安いと思い込んでいる人が居るんだよね……(-_-!
いったいその根拠って何を元にそう思い込んでいるんだろう?

日本の電気料金がこんなに高い理由は高止まりをキープしたい大手電力会社の思惑と、その既得権にしがみ付いたままでいられるように、独占販売を保障してしまっている日本最大の悪法(電気事業法)の存在に有るのよね。

政治家も国民も本気でエネルギー問題を解決したいのなら、脱原発を声高に叫ぶ事も重要だけど、本当は電事法の改正こそ切望すべきだと感じます。

電力の自由化なくして、日本のエネルギー問題は解決しません。


今、北九州で下のニュースで紹介されているような実験が始まっていますが、このニュースで紹介されているような事をちゃんとやれれば、日本の電力問題は需給に関しても、コストに関しても、飛躍的に改善されるはずなのです。

それが出来ない原因は、大手電力会社に対して発送電の独占を認めている問題だらけの電気事業法と総括原価方式なんていう国民を舐めた電気料金の計算方式にあるのよね。


20120501 需給で電気料金変動 節電目指す... 投稿者 PMG5

原発の発電コストは火力発電より安いなんて、民主党の議員さんでも信じてないわよ。
下の記事に書かれている内容こそが原発コストの現実ですね。

「原子力コストは安い」は嘘だ!

2012年5月号 BUSINESS [特別寄稿]
現在、政府内で原子力コストが極端に安く見積もられており、火力、水力より安いのだからベース電源だという主張が罷り通っている。昨年12月に国家戦略室のコスト等検証委員会が公表した報告書(以下、政府推計)では、2030年に新設される発電設備の1kWh当たりの発電コストが原子力8.9円~、LNG火力10.9~11.4円、陸上風力8.8~17.3円などと示され、「原発はやはり安い」というイメージが醸成されている。これに対して、3月5日の衆議院予算委員会第7分科会で筆者の独自推計を提示した。

まず、政府推計は世界の原発が安全性を高める中でコストが上昇しているという事実を見落としている。米国の建設コストがスリーマイル島事故以後に上昇を続けたという研究に基づいて推計すると1基7200億円となり、政府推計の4200億円を大きく上回る。これだけで発電コストは3.7円上昇して12.6円~となり、火力と比べたコスト優位性は失われる。事故時のコストも過小評価されている。政府推計では福島第一原発事故をモデルとして原発事故コストを5.8兆円としている。しかし、仮に福井県の原発で事故が発生し、琵琶湖が汚染されれば、滋賀・京都・大阪の広範囲が居住不能となるリスクを抱える。その経済社会損失は最低でも数十兆円に達するとの研究が複数報告されている。政府推計の10倍規模である。さらに緊急防護措置区域(UPZ)の30
㎞拡大による交付金等の政策経費増加も考慮すると、筆者推計では6.3円が追加されて18.
9円~となった。

まだある。使用済み核燃料の最終処分費用が極端に過小評価されている。政府推計では将来費用を3%の割引率で現在価値に換算しているが、これでは約23年ごとに将来費用が半分になってしまう。放射線レベルよりも早くコストが半減する(費用の半減期が放射能の半減期よりも短い)という計算法は受け入れられない。以上を勘案すると原子力コストは20円を下らない。極めて高くつく電源だ……

by 平 智之(民主党衆議院議員)

政府の発表は本来必要であるはずの原発のコストを計上していないから、原発だけが極端に安くなっているだけなのよね。
そんなことはもう常識だと思っていましたが、人によってはどうも理解できていないみたいで残念です。

実際、今回の原発事故で東京に住んでいて西日本に避難した私のような被害者はたくさんいますが、その人たちの支払った避難経費や、福一周辺以外のホットスポットの大半では、その除線経費が対象地域以外と言う事で、政府からも東電からも賠償されていません。

しかし事故当初、ある程度放射能の危険性を理解していた人間なら避難するのが当然で、事実、アメリカを始めとするほとんどの外国人は本国からの命令で、東京から大阪くらいまで退去したのです。
フランスなどは日本からの退去命令も出ていました。

また、事故後の調査で明らかにホットスポットとして放射線量が上がった地域は福島県以外でも複数発生したわけで、そこに住む人が除線する経費は当然、事故の補償対象であるべきなのです。

したがって、私たちから言わせれば政府や東電の主張は不等としか言いようがありません。。

今後、原発事故が再び起こったとします。

その時、政府や電力会社はどんなに被害が広がったとしても、同様の理由から事故被害と認める範囲を過小評価し、多くの被害者に対して何の保障もしないでしょう。

それが、この国の国民に対する今までの、そして今後も変る事のない対応です。

水俣病の時も、薬害エイズの時も、B型肝炎訴訟の時も、そして今回の原発事故でも、全て同様でした……。

それでも、日本国民はそんなリスクを承知でこんなに問題だらけの原発を容認して、傍若無人な電力会社と原発推進派である既得権者の横暴を認めるのかってことなのよね。

未分類 | trackback(0) | comment(1) |


<<この期におよんで原発推進の理由! | TOP | 日本国民はもっと怒るべきじゃないですか?>>

comment











管理人のみ閲覧OK


管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012/05/16 17:56 | [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://mikacyan2.blog120.fc2.com/tb.php/246-248e1914

| TOP |

電力使用状況

ブログ内検索

プロフィール

MIKA

Author:MIKA
保育園に通う1人娘とイケメンでしっかり者の旦那と共働きの3人家族。平凡に日々の生活を送っている・・・でも、女の子っぽい美形男子好きの主婦です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

お気に入り

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。