FC2ブログ
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2011/10/23 (Sun) 日本には原発が必要だと言う思い込み。

深夜NHKのETV特集『シリーズ原発事故への道程(後半)』の再放送をやっていました。

この番組のラスト1時間25分くらいから語られる島村原子力政策研究会の人たちの「それでも原子力は必要だ!」と言う言葉に、原発推進派の人たちがすがりついた「原発の安全神話」と同じレベルの思い込みを感じてしまいました。

この人たちにとって原子力開発は自分達のアイデンティティーであるわけで、そのアイデンティティーを保つために、原発を安全だと思い込みたかった。
だから、危険性を考えないようにしていた。

それと同じ理由で、原発は今後も推進しないと自身のアイデンティティーを否定する事になる。
だから、原発が必要だと思い込みたい。
他の代替エネルギー開発の事なんて考えたくない。

そんな、悲しすぎるほど哀れな思考が垣間見えてしまいます。

番組では信念・・・なんて言い方をしていますが「原発しかない!」と、彼らが何の確証も無く、ただ思い込んでいる。
私にはそんな風に見えました。

原発の危険性や問題点をどれだけ指摘されても、原発開発を進めると言う目的のために「安全だ!」「想定不適当!」と反対派住民の意見を黙殺し続けた、原発推進派の頑ななまでの思い込み(信念?)。

「それでも原発は必要だ!」と言う信念が「原発は安全だ!」と言う思い込みとなんら変わらないものであるように、私には感じられました。

「本当に原発だけが日本のエネルギー問題を解決する唯一の手段なのか?他の方法を本気で考えた事があるか?その思い込みって、原発の安全神話と変わらないのではないのか?」そう言う反省をこの人たちは永久にしないのだろうと感じます。

未分類 | trackback(0) | comment(0) |


<<安全報道が引き起こす危機。 | TOP | 野田政権はどこに向かうのか?>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://mikacyan2.blog120.fc2.com/tb.php/204-556836a9

| TOP |

電力使用状況

ブログ内検索

プロフィール

MIKA

Author:MIKA
保育園に通う1人娘とイケメンでしっかり者の旦那と共働きの3人家族。平凡に日々の生活を送っている・・・でも、女の子っぽい美形男子好きの主婦です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

お気に入り

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。