FC2ブログ
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2011/09/12 (Mon) フランスでも原発事故!!

IAEA、「事故対応センター」設置 情報収集急ぐ


仏の核施設爆発
2011/9/12 23:10

 【ウィーン=藤田剛】12日に起きたフランス南部マルクールの核廃棄物処理工場の爆発事故を受け、国際原子力機関(IAEA)や周辺国は放射能漏れなどの事態を懸念し、情報収集を急いだ。仏当局は「放射能漏れはない」などと強調しているが、IAEAは「緊急事故対応センター」を設置。天野之弥IAEA事務局長は「事案はまだ起きたばかりで情報は限られている」と、仏当局に情報提供を呼び掛けたことを明らかにした。

 仏テレビ各局は発生直後から文字情報で刻々と状況を速報。事故現場は旧法王庁など世界各国から観光客が集まる名所を抱えるアビニョンから約30キロの距離にある。現地からの報道などによると、同市の消防当局者は「放射性物質の漏洩がないので、避難など特別な処置は講じていない」と話した。町の様子も普段と変わりがないという。

 一方、パリの株式市場では、同施設を所管するフランス電力(EDF)株が事故直後に7%近く急落した。

 事故が起きたマルクールの核施設はフランス南部ガール県に立地し、プルトニウム製造のため1950年代に稼働を始めたフランスで最も古い核施設のひとつ。核兵器の開発で役割を果たした。70年代以降は高速増殖炉による原子力発電など民生用途を多様化。使用済み燃料から取り出したプルトニウムを再利用するウラン・プルトニウム混合酸化物(MOX)燃料も製造しているほか、放射性廃棄物の処理や原子力機器の解体、仏原子力庁(CEA)の研究センターなどとしても活用されている。
マルクールの核廃棄物処理工場

 AP通信によると、事故が起きた施設では爆発後に火災が発生。仏電力(EDF)広報担当者は12日、同通信に「沈静に向かっている」などと話したが、確認はできていない。

 情報が錯綜(さくそう)する中、折から定例理事会を開催中のIAEAも対応に当たった。天野事務局長は記者会見で「緊急事故対応センター」設置を発表。IAEA報道官は日本経済新聞などに「マルクールには非常にたくさんの原子力関連施設があるため、どの施設でどんな事故が起こったかはまだ把握できていない」と語った。IAEAは16日までの定例理事会の中で、今回の事故について討議する可能性もある。

 緊急事故対応センターは福島第1原発の事故後にも設置された経緯がある。IAEA内の専門家が24時間体制で事故に関する情報を収集し、加盟各国と情報を共有したうえで、対策などを検討する。

数万年に1度しか起きないと言っていた原発事故が、どうしてこんなに頻繁に起こるのでしょう?
「原発は安全だ!」と言っている人たちの言葉には何の裏付けも無いことが、どんどん立証されています。
このままでは世界中が放射能汚染によって人間がまともに住むことが出来なくなりませんか?

原発推進を唱える人は、この現実にどう答えるつもりなのでしょう?

そして、原発立地自治体のトップ判断もその方の人間性によって、こうも違ってしまうようです。

使用済み核燃料処理、再稼働の前提…静岡知事


(2011年9月12日20時12分 読売新聞)
 静岡県の川勝平太知事は12日の定例記者会見で、全基停止している中部電力浜岡原発(御前崎市)の再稼働について「(浜岡原発にある)使用済み核燃料が処理されるめどが立つまでは再起動すべきではない」と述べた。

 使用済み核燃料の処理は全国で滞っており、再稼働に向けて新たなハードルを課したことになる。

 川勝知事は従来、来年末に完了する中部電の津波対策を待って、県の有識者会議で安全性を検討する考えを示していた。だが、この日は使用済み核燃料の処理問題を取り上げ、「再稼働の条件などは全く整っていない。問題点だけははっきりしている」と語った。浜岡原発1~5号機には現在、計6625本の使用済み核燃料が保管されている。

「老朽原発、もんじゅは廃炉」 川野・南越前町長に聞く


毎日新聞 2011年9月10日 地方版
 ◇福島の検証、すべての前提
 敦賀原発、高速増殖原型炉「もんじゅ」、廃炉中の旧新型転換炉「ふげん」が立地する敦賀半島。海を挟んで向き合う南越前町は福島第1原発事故以後、危機感を高めている。川野順万町長は、使用年数が30年以上の敦賀原発1号機ともんじゅの安全性を問題視し、廃炉を求めた。

 ◆福島事故をどう受け止めましたか。

 もともと南越前町に合併した旧河野村の村長をしておりました。村から対岸の敦賀原発に最も近い場所は、わずか8キロです。しかも、敦賀1号機と福島第1原発1号機は同時期に作られた、同じ型やった。安全を大前提に原発との共存共栄を図ってきたわけやから……。

 ◆岐阜県羽島市との災害時相互援助協定締結や独自の原子力防災訓練実施と他市町に先駆けて安全対策を進めていますね。

 県内では鯖江市でも30キロ圏に入る。いざという時、県内では限られた町に避難が集中する。友好協定の羽島市さんがぱっと浮かんだんや。これまでは敦賀市を中心に行う県の訓練に参加していただけやった。それでは、いかんので。

 ◆原発立地自治体に隣接する市町で作る、県原子力発電所準立地市町連絡協議会に加盟していますね。協議会は福島事故後、原発事業者との安全協定締結を立地自治体並みにするよう求めています。

 被害想定は地続きの面ではなく、単純な距離で考えた方がいいことがわかった。立地自治体の安全協定には、稼動や新増設の承諾権限、補償の取り決めがある。安全に責任を持つため、これを結ばなくては、町民に顔向けができん。現状では、結果報告を受けるだけやから。

 ◆福島事故で、原発に対する見方は変わりましたか?

 原発の電気で日本の産業が発展したという功績はあると思う。しかし、安全が大前提や。いっぺんに全部やめるということでなく、順序を踏んで自然になくしていくのが一番いいだろう。

 ◆各原発について具体的にはどう考えていますか。

 30年以上が立ち、高経年(老朽)化したものは危ないから廃炉にすべきだ。それに代わる新しい技術を入れた原発が必要なら、それは否定しない。ただし、すべて福島事故の検証なしではあかん。電源車の配置など部分的な対策だけで、大丈夫というのはおかしい。福井ではテロ対策の問題もある。そういうものを全部検証して、大丈夫ということでないと。

 ◆もんじゅについては?

 あれだけの事故(95年のナトリウム漏れ)を起こし、ずっとトラブルが続いている。誰が考えても危険やから、廃炉にすべきだ。

 ◆福島事故で、そう考えるようになったのでしょうか。

 もんじゅは以前から。高経年化の方は、不意打ちをくらった感じの福島事故の後からです。【聞き手・戸田栄】

先週紹介した東海村の村長さんや浜岡原発を抱える静岡県知事さん、もんじゅと隣接する南越前町の町長さんの判断は、至極真っ当な判断に私には感じられます。

それに対して、敦賀市長のこの行動↓はどんな思惑から起こしているのでしょう?

神宮参拝の小沢元代表に原発増設訴えた敦賀市長


(2011年9月9日15時03分 読売新聞)
 民主党の小沢一郎元代表が8日、福井県敦賀市曙町の気比神宮を参拝した。

 訪問を聞きつけた河瀬一治市長がJR敦賀駅の駅長室で小沢氏と対面、「原発を新増設しない」とする政府の方針で先行きが不透明になっている日本原子力発電敦賀原発3、4号機(敦賀市明神町)増設の必要性を訴えた。

 河瀬市長によると、対談は数分程度の短い時間で、「原子力も当面は必要。より新しい安全なものを造っていきたい」と話したところ、小沢氏は笑顔で応じたが、特に原子力関係での言及はなかったという。

 小沢氏は大阪に向かう途中、気比神宮に祈願に立ち寄ったという。

文科大臣の『もんじゅ』開発中止発言に抗議した西川一誠福井県知事といい、日本一危険な原子炉が福井県知事と敦賀市長、そして日本原子力研究開発機構の手に委ねられている事に私は非常に危機感を抱いています。

交付金を手にするためなら、どんな危険も省みない。そんな姿勢を感じてしまうからです。

そして、そんな利権に群がる人たちの欲望を止めるために、私たちはどうやってノーを突きつけていけばよいのでしょう?

未分類 | trackback(0) | comment(2) |


<<マスコミはこの人の言動こそ問題にすべきだと思う。 | TOP | また脱原発を口にした政治家がマスコミと自民党に潰されました。>>

comment











管理人のみ閲覧OK


原発 

自然エネルギーに交付金をつけるべき。
海外に輸出する原発には、税金を投入しないこと。

2011/09/15 15:35 | コロ [ 編集 ]


Re: 原発 

コロ様

> 自然エネルギーに交付金をつけるべき。
> 海外に輸出する原発には、税金を投入しないこと。

そうですね。
ご意見に私も賛同いたします。

とにかく今、日本は原発に変わる新たなエネルギーシステムを早急に確保する努力を進めていくべきですよね。
『浜岡原発』が止まった現在、日本一危険で、日本一無駄な予算が浪費されている『もんじゅ』の開発停止を国にはなんとしても決断してもらいたいと思います。

そして、その分の予算が海流発電や地熱岩帯発電の研究に注がれる事を切望しています。

2011/09/18 05:18 | MIKA [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://mikacyan2.blog120.fc2.com/tb.php/181-15721510

| TOP |

電力使用状況

ブログ内検索

プロフィール

Author:MIKA
保育園に通う1人娘とイケメンでしっかり者の旦那と共働きの3人家族。平凡に日々の生活を送っている・・・でも、女の子っぽい美形男子好きの主婦です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

お気に入り

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。