FC2ブログ
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2011/09/01 (Thu) チェルノブイリに学んでください。

政府と東電、そして、原発利権に群がっている保安委員や御用学者、自治体関係者の方々はこの現実をもっと直視してください。
あなた方が、確証も無い安易な安全宣言を行い、風評被害という都合のいい言葉で責任を回避しようとする事を私たちは黙認できません。

チェルノブイリでは広島型原爆の90倍の放射性物質に人々はさらされ、1万3千人以上の作業員が亡くなり、20年以上たった今でも多くの子供達が障害を抱えて生まれています。
健康に生まれてくる子供は15~20%だそうです。

今回の福島では広島型原爆の168倍の放射性物質が東日本一円に撒き散らされたのです。
そして、福島ではチェルノブイリの汚染を上回る放射能汚染地区が、何箇所も存在する事が確認されました。

16年後の被爆地のドキュメンタリー、上映


2011年09月01日
 旧ソ連のチェルノブイリ原子力発電所の事故から16年後に、住民の健康被害を追ったドキュメンタリー映画「チェルノブイリ・ハート」(2003年、アメリカ)が17日、徳島市幸町1丁目の徳島ホールで上映される。福島第一原発の事故を受け緊急上映が決まったもので、主催者は「原発事故は人間を苦しめ続ける。その現実を知ってほしい」と話している。
 ◇
 マリアン・デレオ監督の「チェルノブイリ・ハート」は、1986年のチェルノブイリ原発事故から16年後にベラルーシ(旧ソ連)を取材したドキュメンタリー。04年に米アカデミー賞短編ドキュメンタリー賞を受賞した。
 タイトルは、事故の影響で心臓に重い障害を持って生まれた子の症例名からとった。事故から16年たっても、8割以上の新生児に生まれつきの障害があることや、発電所から半径3キロ圏内の人が住めなくなった街の16年後を映している。
 公開当初、国内には配給されなかった作品で、東日本大震災による福島第一原発の事故を受け、東京の配給会社が8月13日から緊急公開している。東京や大阪など全国36カ所の映画館や、10月末には長崎国際平和映画フォーラムでも上映が決まっている。
 デレオ監督は日本国内での配給を受け「フクシマが第二のチェルノブイリになる前に収束することを切に祈る」とメッセージを寄せている。
 徳島での上映は徳島映画センターが主催。四宮洋右代表は「徳島でも遠い世界の話ではない。国は『ただちに健康に影響は無い』と言い続けているが、動かぬ現実を徳島の人にも知ってほしい」と話す。
 また、原発から出る使用済み核燃料など放射性廃棄物の行方を追ったドキュメンタリー「24000年の方舟(はこ・ぶね)」(1986年、日本)を同時上映する。
 上映は17日午前10時半から計5回で、チケットは当日券(中学生以上1千円)のみ。問い合わせは同センター(088・631・5847)。
(川原千夏子)

このドキュメンタリー映画は、東京でも銀座、渋谷、立川の映画館で上映されています。
神奈川県では川崎、関内の映画館でも上映中です。

HBO – Chernobyl Heart (1_3)


HBO – Chernobyl Heart (2_3)


HBO – Chernobyl Heart (3_3)


チェルノブイリの現実が、これから日本でも始まります。

ソ連はそれでも、汚染地域の国民を国費で強制非難させました。
それさえもやらない日本では、これからどのような事態が起こるのでしょう?

経済優先主義と企業や行政機関の無責任体質・・・、私は今の日本の現状を見過ごせないと思っています。

政治家も東電経営者も、都合の悪い事、見たくない物から目をそらす事は止めてください。
原発を容認している野田総理には是非観てもらいたいドキュメンタリーです。

そして、せめて『もんじゅ』の研究開発だけでも止めていただける事を切に望みます。

あの原発推進派の夢物語に費やされている国費とプルサーマル用に積み立てている放射性廃棄物の処理費用を、海流発電のような有益な研究開発に使っていただきたい。

それくらいの度量をせめて新総理には持っていていただける事を願って止みません。

『もんじゅ』開発はドブに金を捨てて、捨て方を失敗したら放射能汚泥が飛び散って無関係な人々まで泥まみれにしてしまう、まさに最悪のドジョウ政策だと思います。

未分類 | trackback(0) | comment(0) |


<<新政権を原発問題の視点から考える | TOP | 作業員が急性白血病で死んでも、因果関係は無い>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://mikacyan2.blog120.fc2.com/tb.php/171-70e7646e

| TOP |

電力使用状況

ブログ内検索

プロフィール

MIKA

Author:MIKA
保育園に通う1人娘とイケメンでしっかり者の旦那と共働きの3人家族。平凡に日々の生活を送っている・・・でも、女の子っぽい美形男子好きの主婦です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

お気に入り

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。