FC2ブログ
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2011/08/29 (Mon) 原発事故による放射能汚染の実態

福島第1原発:土壌汚染マップ 大熊町でセシウム最高値


2011年8月29日 20時20分
1_1
 文部科学省は29日、東京電力福島第1原発から放出されたセシウム137(半減期約30年)の蓄積分布を、原発からおおむね半径100キロ圏内で示した「土壌濃度マップ」を初めて作った。最も高かったのは、原発がある福島県大熊町で土壌1平方メートル当たり1545万ベクレル。南相馬市と富岡、大熊、双葉、浪江の各町、飯舘村の6市町村34地点で、チェルノブイリ原発事故(86年)の際に居住が禁止された同148万ベクレルを上回った。

 調査は6~7月、文科省と大学など94機関3企業が共同で約2200区画(1区画は2キロ四方)を調べた。1区画内の草も含め任意の場所で集めた5サンプルを混ぜて測定した。

 濃度分布の傾向は、文科省が同じ地点で測った空間線量や、航空機で測った空間線量から算出した地表の放射性セシウムの蓄積分布とほぼ一致した。マップ作成検討会主査の中村尚司・東北大名誉教授(放射線計測)は「直接測った今回のデータは除染作業の参考になる」と話した。

 また農林水産省は同日、福島、宮城、栃木、群馬、茨城、千葉県の農地における放射性セシウム(137と134)の濃度分布図を作った。調査対象は福島の360地点、他5県の計220地点の水田と畑。飯舘村や相馬市、南相馬市など福島県内の13市町村で、稲の作付けを制限する土壌1キログラム当たり5000ベクレルを上回る地点があった。今後3000地点まで増やして調査を続ける。

 いずれも文科省ウェブサイト(http://radioactivity.mext.go.jp/ja/)で30日以降閲覧できる。【野田武】

1_1

そして、これだけ汚染されている地域の瓦礫を他県で処理しろと怒る福島県知事↓

「長期居住困難」「がれき当面県内に」首相、福島知事に


2011年8月29日 20時20分
 菅直人首相は27日、福島県庁で佐藤雄平知事と会談し、東京電力福島第一原発周辺で長期間住めない地域が生じるとの見解を伝え、陳謝した。また、放射能に汚染された土壌やがれきを保管する中間貯蔵施設を福島県内につくるよう要請したうえで、福島県外に最終処分場を設置する考えを示した。

 居住禁止が長期化するのは、原発から半径20キロ圏内の「警戒区域」内で、高い放射線量が観測される一部の地域。首相は「長期にわたって住民の居住が困難な地域が生じる可能性は否定できない」と述べ、「大変申しわけない」と陳謝した。ただし、どの地区が対象になるかは示さなかった。

 首相は汚染土壌について「中間貯蔵施設を県内に整備するようお願いしたい。この施設を最終処分場にすることは考えていない」と表明。佐藤知事は「中間貯蔵は突然の話。非常に困惑している」と反発した。



「福島県を最終処分場にしない・・・」って、じゃあどこに持って行く気なの?
って感じですね。
事故原発周辺を国が買い上げて、福島県ではなくするしかないですね。

特に原発利権でジャブジャブ潤っていた大熊町や双葉町、浪江町のような町村が、保証金ももらっていない他町村に汚染瓦礫を押し付けるのは筋違いです。

とにかく一刻も早く国は汚染地域の住民を移転させ、汚染瓦礫を第一原発周辺に封じ込めるしかないと思います。
この状態で、怒る福島県知事って・・・、汚染瓦礫をどうしたいのでしょう?
うまく行っていた時の利益は自分たちの物で、事故が起きて出てきた負の遺産は他県の人たちに押し付けるというのでしょうか?

それって・・・東電の思考と同じだよね。
そういう思考の人間には鉄拳制裁を行なうしかないと思います。

原発を抱えている他県の自治体の人たちも、これと同じことが自分たちにも起りえることを充分理解して、金に溺れて理性を失っている現状を反省してください。
目先の利害に目がくらんだ迂闊な原発容認は、悲劇しか生みません。

未分類 | trackback(0) | comment(0) |


<<作業員が急性白血病で死んでも、因果関係は無い | TOP | 子供達をどうか守ってください。>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://mikacyan2.blog120.fc2.com/tb.php/170-acfd0d1a

| TOP |

電力使用状況

ブログ内検索

プロフィール

MIKA

Author:MIKA
保育園に通う1人娘とイケメンでしっかり者の旦那と共働きの3人家族。平凡に日々の生活を送っている・・・でも、女の子っぽい美形男子好きの主婦です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

お気に入り

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。