FC2ブログ
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2011/07/11 (Mon) 電力会社の脅しの構造をぶった斬ってくれています。

主婦の人たちになんとか伝えたいと愛川欽也さんが訴えていらっしゃるので微力ながらご協力いたします。
本当に原発は必要なのでしょうか?

「原発無いと電気が足りなくなる」「電気料金が高くなる」
↑これって全て、原発推進派と電力会社の脅しだよね。

2003年の夏は前年の内部告発による東電の原発問題の隠蔽が露呈して、全ての原発を止めて緊急検査を行っていたそうです。
でもこの年、一度も停電はなかったし今のような計画停電による脅しも、節電キャンペーンもありませんでした。

皆さん、知ってましたか?

MIKAは知りませんでした。

皆さん真実の電力事情を知りましょう。

原発を止めたら電気料金は下がるそうです。
日本の未来は明るい…って、この番組見てたら元気になっりました。

こう言う知らない事が解るって楽しいですよね。
このBlogも、もう少し続けて行きたいと思ちゃいました。




未分類 | trackback(0) | comment(2) |


<<良く言った!偉いぞ管さん | TOP | 地球温暖化の原因って、本当にCO2なの?>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

田中優さんって、「犬吠崎沖に風力発電を~」の嘘を言っていた人ですよね?
今回もまた、都合のよい一部の事実を切り抜き持論を展開しています。
2003年に全原発が止められたのは確かなんですが、それは夏ではなく電力消費の少ない4月の間にたった20日間だけ、しかも半年以上前から停止の計画が練られています。

http://d.hatena.ne.jp/fut573/20110406/1302100183

このように一部の情報を歪曲して持論を展開する人なので、私は彼が述べる他のことも無条件に信頼できません。
最大の出力が必要となるのは年間たった10時間と繰り返していますが、その周りの時間でも準ずる出力が必要なのではないか?
原発がなくても電気は足りていると彼は述べていますが、根拠が良くわかりません。
単純に他の発電所の最大出力の和が最大需要を上回っている、のような計算をしているように感じられるのです。

例えば、可能かどうかわかりませんが、今ある火力発電所の稼働率を100%にすれば夏場の最大消費電力を乗り切れるとしましょう。
しかし、その場合に排出されるCO2の問題はどうするのでしょうか?
そもそも、火力発電だけに依存するのは石油価格に経済が大きく左右されるようになり、また安全保障の面からも非常に危険です。
そもそも世界各国はCO2削減、脱火力から、原発、自然エネルギーへの転換が求められているのですから。。。

作られた電気は貯められない、というのも一部嘘が混じっています。
余った電気でポンプを回し水をくみ上げ、必要な時にその水で発電を行う揚水発電という発電があります。
電気エネルギーを位置エネルギーに変えて一時的に貯めておくのですね。
彼の番組中での発言、「(電気は)貯められません。揚水発電に、といってもこれは原子力で電気が余っているからで・・・」も明らかに変ですよね、揚水発電で電気は貯められるのですから。

ただ色々と為になることもあると思います。
例えば、夜間の節電は余り効果がないというのはその通りだと思いますし、消費電力に応じた電力料金制度の導入などは実現して欲しい方策だと思いました。

人間って、おいしい話、耳障りのいい話しは信じようとしちゃうんですよね。
だからこそ、詐欺に騙される人が沢山いる。
でも、そんなうまい話なんて世の中なかなかないんですから、どんな発言でも「本当かな?」って思いながら受け止めるといいですよ。
原子力安全詐欺に対するのと同じように、原子力無くても大丈夫理論も無条件で受け止めずに、ちょっと疑問を投げかけてみて欲しいです。

2011/07/12 22:47 | 通りすがり [ 編集 ]


管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011/07/13 07:49 | [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://mikacyan2.blog120.fc2.com/tb.php/155-643903c0

| TOP |

電力使用状況

ブログ内検索

プロフィール

MIKA

Author:MIKA
保育園に通う1人娘とイケメンでしっかり者の旦那と共働きの3人家族。平凡に日々の生活を送っている・・・でも、女の子っぽい美形男子好きの主婦です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

お気に入り

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。