FC2ブログ
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2011/06/27 (Mon) 玄海原発の再稼動が今後を決めそうです。


あすの玄海原発説明会 九電がグループあげて福岡県から佐賀県民を装って発電再開容認のメールを発信せよと半ば「業務命令」 こんなことは許されないぞ!


今日は、小学校の親子ドッジボール大会。

燃えに燃えたお父さんやお母さんと、体育館で話していると、同じチームのある九電の関係者から、「実はコンプラ違反のようなことを九電あげてしているよ」との愚痴がこぼれてきた。

ご親切なずるずるは、「どういうこと」と話をしっかりと聞いて驚愕した。

それによると、明日26日、佐賀県民にむけておこなわれる国主催の説明会に際して、九電グループあげて参加せよというのである。

いや、まて。「あれは、非公開だよ」というと、「違うんです。私たちにネットで参加せよと言ってきているんです」という。

「どういうこと?」と聞くと、かばんの中から、1枚の紙を見せてもらった。

この文書を渡すことは困ると言われたので、私の頭の中に残っていることを、ここに書き留めると、文書の内容は、おおむね以下のとおりである。

●表題は、佐賀県民向けの説明会へのインターネット参加について のような感じだった

●冒頭に、九州電力から参加要請が来ているので、協力してほしいと書かれていた。

●参加方法が下のほうに書いてあった。その内容は、私の記憶が確かなら以下のとおりである。

 ◆各社員が、自宅から、説明会のライブ配信にアクセスせよ。

 ◆説明会の進行にあわせて、発電再開を容認する一国民の立場から、佐賀県民の共感を得る  ようにして、メールで発信せよ。

九電は、26日の説明会の会場を「警備上の問題」を理由に非公開にして、会場での傍聴やマスコミの取材も禁止している。

しかも、県民の代表の選考は、広告代理店に一任し、これでは、佐賀県民に対する説明で、「大丈夫ですよ」というものでなく、佐賀県民を不安に陥れるだけしかない。

今回わかったこのことは、佐賀県民の説明を、こともあろうに、福岡県民であるグループ社員に対して、佐賀県民になりすませてメールせよと、なかば、「業務命令」しているのであり、こんな九州電力のやり方に憤りを覚える。しかも、これは、コンプラ違反である...

九州電力の幹部もクズだわね。
こんな事を社員に指示する経営陣は東電と同じ過ちを犯すわよ。

佐賀県知事も玄海町の町長も人として尊敬できない発言してたけど、九州電力も幹部はそれ以上のクズだわ。

玄海原発で福島のような事が起こったら、本当に日本ではまともに住める場所がなくなっちゃう。
水も食べ物も買える物が無くなるわよ。

今、東日本では九州の食材は希少で、高くてもわざわざ通販で買ってるくらいブランド力が上がっているのに、玄海町と佐賀県、九電の愚行で福島や関東産の農作物と同じ売れない食材になっちゃうよ。

事故ったら絶対責任取れないくせに、どうしてこんな酷い事してまで再稼動させたいのかしら?
金に心が汚されているとしか思えないです。

現状で経済のため・・・なんて理屈は、リスクが大きすぎて通らないと思うんだけど。
原発事故のおかげで、東日本の復興がどれだけ停滞してると思っているのよ。

結局、福島の大熊町や双葉町、浪江町と同じで玄海町の人たちもお金で飼いならされちゃってるのよね。
こんな酷い事を電力会社は平気でやっているのよ。
そして、隣接している唐津市のような市町村は、南相馬市のように事故の連絡も入らず、被害と損害だけを押し付けられるのよね。



玄海原発で事故が起こったらどんな事になるのか?
シミュレーションした論文があるから、紹介しておきます。
詳しくは、リンク先へ飛んで見てみてください。
福島の事故でも判るように、原発事故は一市町村の問題ではないのです。

佐賀県玄海原子力発電所における
プルサーマル事故被害予測


はじめに
第 1 章 原発事故の被害予測をめぐって
第 1 節 原発事故被害予測における既存研究
1-1 原発事故被害予測の歴史
1-2 原発事故の評価方法
1-3 SEO コード
1-4 玄海原発事故被害予測
第 2 節 既存研究の意義とその限界
第 2 章 玄海原発プルサーマル
第 1 節 玄海原発概要
第 2 節 玄海原発とプルサーマル計画
第 3 節 玄海 3 号炉におけるプルサーマル概要
第 3 章 玄海原発プルサーマルにおける事故被害予測
第 1 節 考え方と手法
第 2 節 条件設定
第 3 節 シミュレーション結果
3-1 急性障害による死者
3-2 晩発性ガンによる死者数
3-3 長期的に居住不可能となる地域
第 4 章 結論
あとがき...

「原発が本当に安全」なんて、国にも電力会社にも本気で思っている人は居ないと思います。
ただ、みんな目先のお金(生活保障)に目がくらんで最悪の事を考えないようにしているだけなんだよね。

原子力安全保安委員の委員長自らが「安全なはずないじゃないですか・・・あんな不気味な物」って言ってるのよ。
国が安全を保証できるわけがないじゃない。

日本人って、いつからこんなおかしな民族になっちゃったのかしら?

本当に死ね死ね団に洗脳されてる気がします・・・。

未分類 | trackback(0) | comment(4) |


<<孫さんには頑張ってもらいたいです。 | TOP | これからの電力事業改革について>>

comment











管理人のみ閲覧OK


管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011/06/27 23:59 | [ 編集 ]


 

---2011.6.29-------------------------------------------------------
*日本一危険な老朽化した玄海1号機は150気圧に耐えながら現在稼働中です
-------------------------------------------------------------------
http://cnic.jp/files/roukyuuka20110312.pdf

玄海町(総人口:6738人)の歳入の65%が原発による歳入(交付金)で
1機稼動すれば20億円 4機稼動すれば80億円 
この小さな部落の玄海町へ国から巨額の交付金が過去より支払われてます
"玄海町町長は経済的に必要を"繰り返し再稼動を要請してますが
6738人の過疎地の町にこのような巨額な交付金は 
はたして経済的に必要な額でしょうか?
自分たち(玄海町)さえ 財政的に潤えば他人を犠牲にしていいのでしょうか?
一旦事故が起きたら広域に汚染し立ち入り禁止区域となりますが 
他人の生命財産仕事を脅かす行為は許される行為ではありません。
http://cnic.jp/files/Genkai3MOX_20060421.pdf
*危険なプルサーマル事業を2009年最初に始めたのはこの玄海町からです
 その後次々と他県もプルサーマルを始めました
今回も同じく安全より経済を選択した玄海町を選び
海江田経産相は"国が責任を負う"と稼動既成事実を作る為の指示活動でした。
(国が責任を負うとは将来の事故の際の損害金を国民の税金で支払う事,
すなわち全国民が増税を強いられる事となります)

★地元の行動に連帯して、全国から
ファックスや電話による緊急抗議を集中しましょう!
     ↓     ↓     ↓
<経済産業省へ抗議!>
・原子力発電立地対策広報室
     FAX:03-3580-8493
     TEL:03-3501-1511
・玄海町 TEL:0955-52-2111
<佐賀県>
・秘書課 FAX:0952-25-7288
     TEL:0952-25-7007

2011/06/30 00:37 | 想定害 [ 編集 ]


想定害 さんへ 

原発反対署名や自治体、九電への抗議電話もやらないよりはやった方が良いと思って、私も動いております。

でも、そんな事より国会で発送電分離法案を可決させて、既存電力会社の地域独占構造を解体する方が脱原発の近道だと言う話を聞きました。

原発は国からの補助金が無くなると驚くほどハイリスク、高コストの発電システムなのです。

ライバル企業が現れ、国からの原発補助が無くなると、必然的に原発からは撤退せざる得ないそうです。
今は国会が機能していない、現状を何とかすべきだと思いますが、脱原発は反対運動より電力事業を取り巻く環境の改善こそが、もっとも現実的な方法ように感じます。

2011/07/01 04:33 | MIKA [ 編集 ]


 

私の同じように願ってます
しかし 玄海1号機の破損が切迫し
利権組織が根強く強行してます

2009年4月に玄海1号機圧力容器の金属の脆性遷移温度が98度と
東大の井野教授は日本一危険な原発と発表。
その後,現在2011年7月まで1号原子炉内の金属の脆性遷移温度のテストデーターを
九州電力は開示しません(2011年7月1日の新聞では
安全だから掲示の必要無しとの九電の回答でした)しかし
それはおかしい!!,
実は2009年以降のテストピースがなくなりましたと
当時の九電が発表してます。テストピースが無い為に2010年2011年ともに
データーが有りません,開示拒否継続中,
すなわち開示しないのでは無くデーターを採らないで稼動継続中が真実です
(原発1機で1億円/月の収益と玄海町へ毎年20億円/年の交付金)
*福島事故以来 玄海町へ保安委員が訪れ"それはいささか乱暴です"と言い
帰りました・・津波対策の防波堤が必要ではとの回答は"乱暴"の言葉で却下されました
前回の知事選では例年通り九州電力が全面的にスポンサーとなり古川知事は圧勝されました,
また古川知事さんのお父さんは現役の九州電力社員ですが
とにかく九電と仲がいい。
今日 県議の質問で"安全との根拠はなんですか"の質問で
古川知事は"安全を保障すると海江田経済産業省から聞きましたので
政治的に安全と判断しました"との答弁でした
津波対策の防波堤作ってから言うので無く
・政治的に立場上判断しました・・で有る
・・海江田氏発言で大規模事故が起きても知事の責任を逃れられるので
やっと安心されたのでしょう
癒着を怪しむ県民にうまく慎重配慮されました
今後は既成事実 お決まりの説明会の規制事実を経て原発爆破・・でなかった
 強行再稼動が待ってます 正々堂々と政治献金もいただき
 大口応援電力団が待ってます。 
http://cnic.jp/files/Genkai3MOX_20060421.pdf
あとはシナリオ通りになっても"未曾有 想定外 予期せぬ”の単語を並べられるでしょう
シナリオその例:1号機震度5地震時に緊急冷却停止時98度以下の冷却水により
圧力隔壁爆発で
大部分の核ペレットが飛散/原発作業員一斉退避/数日後プルトニューム入り
3号機爆発/九州北部山口四国大阪、放射能管理区域 死者数百万人以上
 被災者数千万人 海外受け入れ拒否問題発生 政治家高級官僚国民見捨てて国外逃亡
2020年前後日本経済破綻でなくそれ以前に放射能汚染による破綻でした
後世・・”無関心ほど怖いものは無かった" ワイドショー 関連本大ヒット
・・2030年以降の核融合発電普及に間に合いますように がんばるしかない
今は子供でも将来を担う人々の為には絶対に諦めないぞ知事!!!!

2011/07/02 00:52 | 想定害 [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://mikacyan2.blog120.fc2.com/tb.php/149-830c070e

| TOP |

電力使用状況

ブログ内検索

プロフィール

MIKA

Author:MIKA
保育園に通う1人娘とイケメンでしっかり者の旦那と共働きの3人家族。平凡に日々の生活を送っている・・・でも、女の子っぽい美形男子好きの主婦です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

お気に入り

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。