FC2ブログ
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2011/04/16 (Sat) 遅すぎると言う思いだけど・・・。

「遅すぎだよ・・・」
そんな思いも有りますが、ようやく事実を直視した対応がされていくかもしれません。

このニュースがテレビでもちゃんと流され、危険な状態は「危険である!」としっかりと国民に伝えて欲しいです。

起こってしまった事をどうこう言っても仕方ない事なので「これからどうすべきなのか?」これ以上、被害が広がらないための広報活動を、政府もマスコミもちゃんと伝えて行って欲しいものです。

放射能は目に見えないし、痛くも痒くも無いので、危険を意識しないと気づかないうちに皆、被爆してしまいます。

子供達がなにも知らずに公園の砂場や校庭で遊んでいる姿を見ると本当に心配になります。
でも「マスコミが心配ない」「安全だ」といい続けると、子供にマスクをさせている親が神経質で変わり者のように思われるのです。

被爆は不必要にさせない方がいいのですから、今は皆がその意識で過ごすようになるべきだと感じているのですが・・・。
マスクをしている子供が、していない子供達に虐められたりしないようになるためにも、危険なことは危険だと世間が認識できる必要を感じます。

原発推進学者が次々懺悔 「国民に深く陳謝する」

J-CASTニュース 4月16日(土)13時22分配信
 東京電力の福島第1原子力発電所の深刻な事故を受け、政府の原子力安全委員会の歴代委員長を含む原発推進派学者の重鎮たちが原発の「安全神話」崩壊に懺悔を繰り返している。特に元原子力安全委員長の松浦祥次郎氏や前原子力委員会委員長代理の田中俊一氏ら原発推進の学者16人がこのほど、異例の緊急提言を行った。

 「原子力の平和利用を先頭だって進めてきた者として、今回の事故を極めて遺憾に思うと同時に国民に深く陳謝する」との謝罪を前面に掲げた提言の内容は政府や東電の発表よりも今回の事故を深刻に受け止めており、緊迫感が伝わってくる。

■大量の放射能を閉じ込めるのは極めて困難、と認める

   「私たちは事故の推移を固唾を飲んで見守ってきた。しかし、事態は次々と悪化し、事故を終息させる見通しが得られていない」「膨大な放射性物質は圧力容器や格納容器内に拡散・分布し、その一部は環境に放出され、現在も放出され続けている」 「特に懸念されることは溶融炉心が圧力容器を溶かし、格納容器に移り、大量の水素ガスの火災・爆発による格納容器の破壊などによる広範で深刻な放射能汚染の可能性を排除できないことである」...

未分類 | trackback(0) | comment(5) |


<<低線量被曝の10数年後 | TOP | 情報の信憑性と隠される真実>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

私は現地に行ったり来たりしてる人や、知人から話を聞いて知るだけですが、漏れている状態をどうしようもないみたいですね。
妹も事故が起きてすぐ関西に避難してきました。個人レベルの話をすれば、生活水準落としてでも、仕事も家も捨てて、西日本に逃げてきた方がいいと思います。

2011/04/18 22:41 | yuka [ 編集 ]


悲劇か喜劇か? 

20km県内強制退去!?となっていよいよ恐怖感がわき出してきましたよね.自民党との蜜月時代に東電は沢山の美味しい汁をすすってきたし,その見返りを今でも野党になった自民に与え続けていますよね.マスコミは口止め料を東電から戴いているのでどこも確信にはまったくふれていません.ゲリラ的なカメラマンも出てきません.あのおちゃらけ戦場カメラマンとか言うのはどうしたんですかねえ.新聞も週刊誌もみんな去勢されてしまったかのようにかんじます.
何でマスコミ全体がトーンダウンしてしまったのか?
レベル7++になったらどうするのか?福島バッシングに菅総理は打つ手は全くないのでしょう.昨日4/21の原発避難所で詰問した住民に,こたえられなかった日本の最高権力者.一人間として,誠意ある返事ができないことがよりいっそう不安と不信感を増長させます.
未体験ゾーンに突入するなら,千載一遇のチャンスです.どう乗り切れるかではなく,どう突っ込んで爆死するのか?世界中の人々が興味津々で見守っています.
東電と自民の癒着を暴露する,マスコミはいないでしょうが,せめて原発に突貫取材するチームが欲しいですね.
水道屋のみのもんたのゴリラの遠吠えにもあきました.

2011/04/22 09:16 | Kitaroh [ 編集 ]


誤字が多くて・・・ 

ごめんなさい.

2011/04/22 09:17 | Kitaroh [ 編集 ]


yukaさんへ 

そうですね。

私も家族で西に避難したい気持ちはやまやまです。
でも、生活をどうやって成り立たせるかを考えると、なかなか踏ん切りがつかないのも事実です。

津波の被害を直接的には受けなかった福島の山間部の方々も状況は茨城、千葉、栃木、群馬、東京や埼玉と変わらないのでしょう。

生活は現状のままでもなんとか出来ていたりします。

放射能が怖いのは、気にしなければ目に見えて何かがすぐ起こるわけではないところです。

チェルノブイリの周辺(低濃度汚染)地域の人たちが汚染を意識せずに20年以上暮らし続けているのも同じ理由なのでしょう。

私達はそこで起こっている事が今後、自分達にも起こるのだと知っておく必要が有りますね。

2011/04/27 17:45 | MIKA [ 編集 ]


Re: 悲劇か喜劇か? 

Kitarohさんへ

そうですね。
なんにしても、40年間にわたる国の原発推進教育の洗脳から私達は目を覚ますべきだと感じます。

震災から1ヶ月半、興味を持って調べれば調べるほど原発の安全神話も原発必要理論も疑わしさ満載です。

利権を貪る人たちの都合の良い情報操作がどれ程、信用出来ないかを身をもって感じた1ヶ月半でしたね。

2011/04/27 17:52 | MIKA [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://mikacyan2.blog120.fc2.com/tb.php/127-27696bf2

| TOP |

電力使用状況

ブログ内検索

プロフィール

MIKA

Author:MIKA
保育園に通う1人娘とイケメンでしっかり者の旦那と共働きの3人家族。平凡に日々の生活を送っている・・・でも、女の子っぽい美形男子好きの主婦です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

お気に入り

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。