FC2ブログ
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2011/03/26 (Sat) 廃炉も解体も出来ない原発

コメント読んでます。

そして、過去から現在の自分の立ち位置を考えると、皆さんのコメントにどうお返事すべきかすごく悩んでいます。

趣味で始めたここのブログですが、まだ保育園に通う子供がいる親として今回の原発事故は見過ごせない大事件でした。
ブログを閉鎖する前に、福島の原発問題が収束するまではフォローアップして行こうと記事を書き始めました。
子供の安全を守りたいという気持ちで調べ始めた原発関連のさまざまな情報。

そして、自分が日々の生活の中で関わっているいろいろな事になんと無頓着だったかを思い知らされました。

原発の安全性と危険性、必要性と不要性・・・。

そして今日、らぶたんさんにご紹介いただいた『原発がどんなものか知ってほしい』の記事にショックを
受けました。

特に、下の項目・・・『廃炉も解体も出来ない原発』一度動き出した原発は解体・廃棄が出来ないという、
そのリアルな理由・・・。

廃炉も解体も出来ない原発
一九六六年に、日本で初めてイギリスから輸入し た十六万キロワットの営業用原子炉が茨城県の東海村で稼 動しました。その後はアメリカから輸入した原発で 、途中で自前で造るようになりましたが、今では、 この狭い日本に一三五万キロワットというような巨大な原 発を含めて五一の原発が運転されています。
具体的な廃炉・解体や廃棄物のことなど考えない ままに動かし始めた原発ですが、厚い鉄でできた原 子炉も大量の放射能をあびるとボロボロになるんで す。だから、最初、耐用年数は十年だと言っていて、 十年で廃炉、解体する予定でいました。しかし、一 九八一年に十年たった東京電力の福島原発の一号機 で、当初考えていたような廃炉・解体が全然出来な いことが分かりました。このことは国会でも原子炉 は核反応に耐えられないと、問題になりました。..


3月20日の記事で紹介した、『チェルノブイリ 隠された真実3』で世界銀行 産業エネルギー部 元部長のA・チャーチル氏が言っていた言葉の意味がようやく解りました。
原子炉の老朽化による危険性がどんなに増しても、資本主義経済の中でコストを考えると閉鎖してメンテナンスをし続けるくらいしか、稼動を始めた原発は解体・廃棄する事は現実的に不可能に近いという事なんですね。

だから、国も原子力安全保安院も電力会社も問題が起こるまで使い続ける・・・。

後の事は問題が起こったときに考える・・・。

なんという・・・場当たり的な政策だったのか・・・。

原発が安全だと言っている人たちは、どこにその根拠を持っているのか・・・。
これ以上、日本に原発を増やす事はどう考えても止めるべきだと思います。

大人として、私達は次世代の子供達にちゃんと責任がもてるように努力すべきだと思います。
年金問題や国債の問題でも・・・私達は子供達に負の遺産を押し付けすぎています。

せめて、この未曾有の大震災を機に反省すべき事はちゃんと反省して、学習すべきは学習して、責任ある判断と行動をとりたいものです。


未分類 | trackback(0) | comment(0) |


<<「会社はコスト優先」 原発の元技術者らネットで自己批判 | TOP | 放射性物質:食品や飲料水、規制値緩和へ>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://mikacyan2.blog120.fc2.com/tb.php/117-a5799b9e

| TOP |

電力使用状況

ブログ内検索

プロフィール

MIKA

Author:MIKA
保育園に通う1人娘とイケメンでしっかり者の旦那と共働きの3人家族。平凡に日々の生活を送っている・・・でも、女の子っぽい美形男子好きの主婦です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

お気に入り

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。