FC2ブログ
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2011/03/20 (Sun) 子供たちのために

「直ちに健康を損なうような放射線量ではないので安心してください」
テレビでは福島第一原発からの放射能漏れに関して、こんな話ばかりしています。
「レントゲン撮影時の何分の一以下だ」とか、「問題ない」「心配ない」「冷静に」「正しい情報を聞き、風評に惑わされないように」そんなコメントばかり。

でもね!では・・・何が正しい情報なのか?

政府の方針やマスコミの情報が常に正しいとは限らないのは、ゆとり教育や諫早湾河口堰の混乱を見ていても明らかです。

そして、今回の原発事故。
「日本の原発は安全だ」とさんざん主張し、推進してきた国と電力会社。
でも、いざこんな事になると「想定を超えた津波により・・・」って、それじゃあ現状稼動している全ての原発は、本当は安全じゃないと言うことになっちゃわない?

放射線量の話に戻るけど、東京を始め東北や関東の多くの場所で平常時の数倍の放射線が観測されています。
それをレントゲンの放射線量と比べるのは本来間違いです。

今回の問題は、放射線量が単純に増えた事ではなく、増えた分の放射線はそれを発している放射性物質が私たちの周りに降り注いでいる事にあるのですから・・・。
関東地方で検出されている放射線は福島から放射されている物では有りません。
福島の原発から花粉のように風に乗り、流れてきた放射性物質が放射している放射線なのです。

この放射性物質は息を吸うことで、花粉のように口や鼻から人体に入ってきます。

また、都内の水道でも検出され、野菜や牛乳からも検出されたように、飲食物からも体内に取り込まれます。
★1都5県の水道水からヨウ素
 栃木、群馬、千葉、埼玉、東京、新潟の1都5県の水道水から、微量の放射性ヨウ素検出   2011/03/19 20:18 【共同通信】

1つずつの放射性物質が発する放射線量は微量でも、これらの放射性物質は食物連鎖の末に人体に蓄積し、種類によっては30年近く放射線を出し続けます。
セシウム137ヨウ素131・・・等、すでに東京や神奈川でも検出されているこの放射性物質は、私たちや子供たちの身体を内部から汚染する大変危険な物質です。
レントゲン撮影に使われるX線は、それを発生させる放射性物質を身体に入れるわけではないのです。
普段日常的に生活していても、宇宙から降り注ぐ宇宙線を浴びている。等と詭弁を弄されても、放射性物質を体内に取り込み内部被爆する事とは本質的に違うことをなぜちゃんと説明しないのか・・・。

今、事態を収束させようと命がけで作業をされている東電や各電機メーカー、自衛隊や消防のスタッフの方々には無事でいて欲しいと祈る思いですが、これまで原発の安全神話を語って、事業を推進してきた国や電力会社幹部の方々には、それなりに責任を追及されるべきだと感じます。

私たちや子供たちの健康被害に関しては、これからますます不安が募るでしょうし、なにより東北地方の農家が受けだダメージは計り知れません。

スリーマイル島の原発事故を経験しているアメリカでは、過去のデータを下にニューヨークタイムスが、以下のように今回の福島原発の事故による被害を分析しています。
*********************************************************
『ニューヨークタイムズ グローバルホークのデータ解析結果』
1マイル以内は数週間内に死亡です。

★1.6 km以内は、数週間以内に死亡
★3.2 km以内は、2ヶ月で死亡の可能性
★4.8 km以内は、口や喉からの出血
★8.0 km以内は、吐き気、嘔吐、脱毛
★80 km以内は、血液の化学的変化

『政府発表は確か30km以内でしたが、NYタイムズは80kmで血液の異常が出る
と新聞に載せてます』
*********************************************************

とにかく、すでに水が汚染されている現状では、子供たちには出来るだけ水道水を与えない事を心がけましょう。
「直ちに健康を損なうような放射線量ではない・・・」とは、数年先には健康を損ないかねないと言う意味にも取れますし、おそらくそうだと思います。
そして、因果関係を証明できないために健康を損ねた人の多くは泣き寝入りする事になります。
血液製剤によるC型肝炎や水俣病問題でも判るように、被害者の立場では国が補償を考えたりはしないのです。
その事を充分理解して、正しい知識をもって身の安全を図ってください。






最後に、日本でもっとも危険な原発と言われている御前崎の浜岡原発に関して、できるだけ早い操業停止を訴えて行けることを望みます。











東海地震の危機が叫ばれている現状で、その活断層の真上に作られている浜岡原発は、福島以上に危険な原発である事を皆さんも是非知って置いて下さい。
『浜岡原発2号は東海地震に耐えられない 設計者が語る』
『大地震によって浜岡原発全体で事故が起こったら』
『静岡県庁に原発廃止のメッセージを』
最後の最後に、下の『チェルノブイリ原発 隠された真実』の後半6分30秒からのコメントを聴くと、現在の原発問題の本質が見えてくるように思います。



未分類 | trackback(0) | comment(0) |


<<災害ではなく 人災ですか?/ショート警報 | TOP | Blog閉鎖のお知らせ>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://mikacyan2.blog120.fc2.com/tb.php/107-b1e019a2

| TOP |

電力使用状況

ブログ内検索

プロフィール

MIKA

Author:MIKA
保育園に通う1人娘とイケメンでしっかり者の旦那と共働きの3人家族。平凡に日々の生活を送っている・・・でも、女の子っぽい美形男子好きの主婦です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

お気に入り

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。